前原美保先生にインプラントについてインタビュー

前原美保先生

インプラントの治療とはどの様なものでしょうか?

歯を失ってしまったところに人口の歯根を埋め込み、土台から歯を作っていく治療になります。基本的にインプラントは骨に埋め込みますので、かみ合わせも以前の自分の歯の様に自然にでき、自分の歯と見た目ではほとんど違いはわからないと思います。

インプラントの施術を行うためには総合的な知識や経験、技術が必要になります。出血のコントロールや近くの神経を傷つけない様に安全にインプラント治療ができること、また治療後にも正しく噛み合う様にかみ合わせの歯を作っていくことなど、様々な視点からゴールを判断して治療計画を進めていきます。

骨に歯を埋め込む治療と聞くと、痛みなどが強いのでしょうか。

骨に異物を埋め込む外科的処置になりますので、もちろん麻酔を行った上で治療を行います。麻酔や鎮痛剤で痛みはある程度抑えられます。ただ、どうしても外科治療が怖いという方は麻酔科の先生をお呼びした上で、リラックスするお薬の点滴でまどろんでいる様な状態のまま施術を受けることもできます。

こちらの場合、全身麻酔ではなく「お口を開けてください」と呼びかければ口が開けられるくらい意識があるまま処置は進みますので、少しうたた寝していたら治療が終わります。クリニックによって様々なパターンがあると思いますが、私の院で受けられたみなさんは必ずやって良かった!と仰っていただけます。自分の歯を取り戻したいけど、インプラントの手術が怖い・・・という方にはオススメですね。

前原美保先生

インプラントをするかしないかは、どの様に決めていくのでしょうか。

歯を失ってしまった、もしくは歯を抜く必要が出てきた場合に、無いままにできないので、ブリッジ、入れ歯、またはインプラントといった処置を行います。もし親知らずが健康なまま残っている場合は、その歯を代わりに埋め込む様な移植を行うことも可能です。

抜いた後の治療について医師から説明があると思いますが、それぞれの治療にはメリットやデメリットがあります。例えば入れ歯だと力が入れにくかったり、ガタついて食事に支障が出てしまうことがあります。ブリッジは噛み合わせは悪くないのですが、隣の歯を削ってしまいます。健康な歯を削りたくないという場合に、失った部分だけ自分の歯を取り戻すことができるのでその面でインプラントは有効ですね。

治療に入る前にCT撮影を行い、顎の骨の状態を確認します。歯型を採って模型でかみ合わせを調べたり、全身状態的にインプラントを受けても問題がないかを確認します。例えば血が止まりにくくないか。糖尿病などの感染リスクはないかといったリスクを見た上で進めていきます。他にも喫煙をされている方もリスクが高めで、歯茎の血行が悪くなり炎症を起こしやすくなります。インプラント中は基本的に禁煙する様に指導しています。

実際のインプラント治療の流れについて教えて下さい

インプラントの治療が決まり、1次手術でまずはインプラントを入れていきます。骨とインプラントが結合するのを2〜3ヶ月ほど待った後、2次手術といって歯茎の中に埋め込んでいるインプラントの頭の部分を切り出していきます。状態によっては1次で頭の部分を少し出した状態のまま終えることもあります。(この場合は2次手術はありません)

クリニックさんやその場にもよりますが、1次手術の後に仮歯を付けておいて、ある程度見映えを維持するケースもあります。手術の治療計画は患者個々人のかみ合わせの状態、お口の清掃状態、リスクの状態などを見て進めていくので、治療期間も進め方もそれぞれ異なることが多いですね。

インプラントの治療はトータルで半年程度必要になりますが、インプラントを埋め込む骨が薄かったり、無い場合は元となる骨を増骨する必要があり、更に半年ほどかかる場合もあります。

前原美保先生

インプラントを付けた後のリスクはあるのでしょうか?

インプラントは装着した後の方が大切になります。元々あった天然の歯よりもどうしても細菌に対する抵抗力が弱いので、磨けてなくて周囲の歯が炎症を起こしてしまうリスクが高くなります。日々のご自身によるメンテナンスはもちろん、少なくとも3ヶ月に1回は専門家の方のお手入れ・メンテナンスには定期的に行った方が良いと思いますね。

インプラントの費用面はどの様に考えたら良いでしょうか?

インプラントの治療費は高いところと比較的安く受けられるところとありますよね。安いから受けてみようと、安易に値段だけで決めてしまうことはオススメできません。

医師がスキルアップを積んでいたり、必要な良い機材を揃えていたり、実績のある場合はその分の技術費も含めた値段になりますのでどうしても高額になります。ただし一方で、高ければ良い治療と一概にそうとも言い切れませんので、カウンセリングの際に先生の実績やこれまでの説明がご自身にとって納得できれば、多少は値段が高くても受ける価値はあるかもしれませんよね。

また、インプラント体自体も値段が違いますので、どのメーカーの製品を使っているかによって数万円から数十万円の差がでることもあります。1つメーカーにこだわるポイントを挙げるとしたら、例えばA院で治療された後に別のB院へ通った時に、大手ではないメーカー製のインプラントは型が違うために治療ができないことがあります。

ある程度大手のメーカー製であれば、採用されている病院も数多いため、より多くの歯科医院でアフターケアーを受けることができます。一生体内に埋め込んで使うものと考えれば、こうした担保ができることは非常にメリットではあるかなと思います。

インプラントに関しては、いつ埋め込まれたという履歴がわかる患者カードを渡すところもあります。これは患者さんに使われたインプラントのメーカー名、インプラントの直径や長さ、ロット番号など記録されているもので、インプラント学会でも利用が推進されています。そういったカードを利用すると、様々な病院でアフターケアをする場合も安心ですね。

前原美保先生

最後に、クリニック選びで確認すべきポイントについて教えてください。

WEBサイトだけ判断するのは難しいかもしれませんが、ホームページが定期的に更新されていたり、情報発信を通して患者さんへの貢献意識があるような部分があれば評価の対象にはなるかなと思います。ドクターや衛生士がセミナーや院内勉強会・症例検討会などを行っているというような情報もあるといいですね。学会やスタディグループに参加して、治療技術や最新情報を勉強しているかどうかも大事です。

やはりある程度ネットの情報で絞ることができたら、実際に足を運んでみることが大切だと思います。医院がキレイに整理整頓されているかどうか、キレイで清潔な状態が保たれている方が良いですよね。そして、インプラントが外科処置ですから、衛生管理がちゃんとなされているかどうかが大事なポイントだと思います。治療に使う手袋、コップ、エプロンなどは使い捨ての製品にしていることや、治療に使う器具が綺麗に消毒・滅菌されていて、汚れのない綺麗な状態かどうかですね。

先生とのカウンセリングではきちんと自分の意見が伝わるかどうか、また先生側も提案が1つこれしかありませんではなく、いくつか選択肢を提示してくれる方は信頼できますよね。先生の考える治療の方向性と、患者さんがこう治して欲しいという考えが一致することがお互いにハッピーだと思いますので。納得して同意できる先生であれば患者さんも安心して治療に臨めるのではないでしょうか。治療にかかる費用の説明が明確にあること、使用するインプラントのメーカーについてもきちんと教えてもらえる方が安心ですね。

インタビューに答えてくれたのはこの人!

前原美保先生

岡山大学卒業

いくつかの歯科医院での勤務を経験したのち、大阪府堺市でMiho歯科医院を開業。女性の口元の美と健康を追求する歯科治療を行っている。インプラント治療のほか、セラミックなどの審美治療、マイクロスコープといわれる顕微鏡や拡大鏡を使った精密治療に力を入れている。虫歯や歯周病の予防で定期受診する患者様も多く受け入れている。

日本口腔インプラント学会、日本歯周病学会、日本補綴歯科学会所属

OFFER

前原美保先生

Miho歯科医院

  • https://mihoshika.com/
  • https://mihoshika.com/wp/

東京駅周辺のインプラントクリニックを調べてみると…

インプラントといっても、治療法や費用はクリニックごとに異なります。人生において何度も経験するものではないため、心豊かに治療を受けたいものですよね。このサイトでは「専門性の高さ」(※)と「痛みの少ない治療を行っている」クリニックを2院ピックアップして紹介しています。両クリニックとも、各公式サイトではインプラントについて詳しい説明がありますのでぜひご一読を。

(※)インプラントの専門性を証明する資格は、ひとつの基準として記載しています。歯科医やクリニックの優劣を示すものではありません。

東京日本橋デンタルクリニック

専門性☺
ICOI指導医
痛みへの配慮☺
切らないインプラント
フラップレス手術

東京日本橋
デンタル
クリニック
公式サイト

丸の内デンタルオフィス

専門性☺
DGZI指導医
痛みへの配慮☺
静脈内鎮静法による
インプラント手術

丸の内
デンタル
オフィス
公式サイト