インプラントで追加料金は発生する?

インプラント治療で追加料金がかかるケースについて解説しています。

インプラントで追加料金がかかるケース

インプラント治療を受ける際、インプラントの埋入手術以外に追加料金がかかるのは、主に次のようなケースです。

インプラント埋入部位に骨が足りない場合の骨再生手術の費用相場

インプラントを埋め込むのに、骨量が足りない場合、サイナスリフトやソケットリフト、GBRなどによって、骨を補う必要があります。これらの骨再生手術を行った場合、追加料金がかかります。

  • 骨再生手術の料金……3万0,000~10万0,000円(1箇所)

「上顎の奥歯の骨が痩せている場合」の骨再生手術の費用相場

上顎の骨が足りずインプラントが埋め入れられない場合、サイナスリフトやソケットリフトなどの治療法で対応します。

  • サイナスリフト……5万0,000~35万0,000円(片方)
  • ソケットリフト……3万0,000~5万0,000円(1箇所)

「顎の骨の痩せている場合」の骨再生手術の費用相場

骨が痩せているのが原因でインプラント治療を受けられない場合、「GBR」や「ボーングラフト」などの骨再生手術を実施。

骨の高さは問題ないが先端部分の幅が足りない場合、または一部の骨を増やす場合には「スプリットクレスト」が用いられます。

  • GBR……3万0,000~10万0,000円(1箇所)
  • ボーングラフト……5万0,000~30万0,000円(1箇所)
  • スプリットクレスト……3万0,000~10万0,000円(1箇所)

また、上記の手術代とは別途、傷口の経過確認や消毒が必要になる場合もあります。クリニックによっては消毒を無料で行っているところもありますが、1,000円程度の費用を見越しておくと良いでしょう。

加齢や歯周病により後退した歯ぐきのボリュームを増やす手術の費用相場

インプラントの手術後に、加齢や歯周病が原因で歯ぐきが後退することがあります。歯ぐきが後退した場合、インプラントと被せ物をつないでいる部分(アバットメント)が透けて、黒ずんでみえてしまう問題が生じます。

奥歯などの見えないところは目立ちませんが、前歯周辺だと目立ってしまうので、歯ぐきのボリュームを増やす手術を行うケースもあります。

  • CTG(結合組織移植術)……5万0,000円
  • FGG(遊離歯肉移植術)…5万0,000円

歯ぐきのボリュームを増やす代表的な手術は2種類。CTG(結合組織移植術)とFGG(遊離歯肉移植術)です。

CTGは下がった歯ぐきを増やすときに用いられる手術方法で、FGGは歯ぐきの足りない部分に上皮を移植する外科手術となっています。

麻酔

通常の麻酔であれば、手術料金の中に含まれていることが多いのですが、麻酔の痛みを和らげたり、手術への恐怖心を取り除くために、静脈内鎮静法や笑気麻酔、表面麻酔などを使用した場合、追加料金がかかることがあります。

  • 静脈内鎮静法……8,000~3万0,000円(1時間)
  • 笑気ガス鎮静法……3,000~5,000円(30分)

前歯のインプラント

前歯は、奥歯と比べて人目に付きやすいことから、より審美的な条件が求められます。また、奥歯と比べて骨が薄いため、インプラントを埋め込むのに高い技術が必要になることから、追加料金がかかる場合があります。

  • 検査・診察料……1万5,000~5万0,000円
  • インプラント埋入手術費用……10万0,000~35万0,000円
  • 上部構造・補綴物費用……8万0,000~20万0,000円
  • 治療中の仮歯料金……5,000~2万0,000円
  • 抜歯……5,000~8,000円
  • 手術後の消毒や検診代……1,500~1万0,000円

料金の差はメーカーと材質

インプラントは自由診療のため、クリニックによって料金が異なります。1本あたり30~50万円が相場だといわれていますが、それも、クリニックによって大きく差があります。

インプラント治療にかかる料金の内訳は以下の通りです。

  • 検査・診察料……1万5,000~5万0,000円
  • インプラント埋入手術費用……7万0,000~33万5,000円
  • 上部構造・補綴物費用……5万0,000~20万0,000円
  • 手術後の消毒や検診代……1,500~1万0,000円

インプラント埋入手術を行うには、事前の精密検査が必須です。インプラント埋入手術費用、上部構造・補綴物費用は、インプラント本体、上にかぶせる人工歯、インプラントと人工歯をつなぐアバットメントなどの料金がかかります。

おもに料金の差が出るのは、使用するインプラントのメーカーや、人工歯の材質です。

インプラントメーカーは、国内外を問わず100種類以上あるといわれています。その中でも、研究開発費をかけ、長期エビデンスをもっているメーカーの製品は、価格が高くなるといわれています。

人工歯は、一般的に価格の安い順に、ハイブリッドセラミック、メタルボンド、フルジルコニアセラミック、ジルコニアセラミックなどがあります。

見た目が美しく、耐久性の高いもののほうが、料金が高くなる傾向にあります。

東京都内のインプラント治療の費用相場は全国的に見ても高め

全国的にみたインプラント治療の費用相場は、1本あたり30~50万円です。 東京の都市部にある歯科クリニックの場合、さらに高くなる傾向があります。全国平均と比較すると5万円ほど高い35万円~55万円を想定しておくと良いでしょう。

格安クリニックはオプション料金に注意

東京都内にも安さを売りにしたクリニックは多数存在します。インプラント治療は自由診療で、クリニック側が料金を設定できるため、クリニックによっては20万円ほどの価格差が生じるケースもあるようです。

一概に「安かろう悪かろう」ではありませんが、インプラントの治療費用だけを見てクリニックを選ぶのは要注意。顎骨の量や厚み、歯茎の状態などによっては、別途料金が多数発生する可能性があるためです。インプラント治療費が安くても、オプション料金が高くて結果的に予算をオーバーしてしまった…という事態は避けたいですよね。

また、インプラント治療を行うクリニックを探す際は、費用とあわせて「在籍しているドクターの情報」や「これまでに対応している症状」、「導入している設備」などをチェックしておくのがおすすめ。実際にクリニックに通っている人の口コミも参考になります。

東京駅周辺のインプラントクリニックを調べてみると…

インプラントといっても、治療法や費用はクリニックごとに異なります。人生において何度も経験するものではないため、心豊かに治療を受けたいものですよね。このサイトでは「専門性の高さ」(※)と「痛みの少ない治療を行っている」クリニックを2院ピックアップして紹介しています。両クリニックとも、各公式サイトではインプラントについて詳しい説明がありますのでぜひご一読を。

(※)インプラントの専門性を証明する資格は、ひとつの基準として記載しています。歯科医やクリニックの優劣を示すものではありません。

東京日本橋デンタルクリニック

専門性☺
ICOI指導医
痛みへの配慮☺
切らないインプラント
フラップレス手術

東京日本橋
デンタル
クリニック
公式サイト

丸の内デンタルオフィス

専門性☺
DGZI指導医
痛みへの配慮☺
静脈内鎮静法による
インプラント手術

丸の内
デンタル
オフィス
公式サイト