インプラントの失敗例を知る

インプラントの失敗例とその原因、対処法についてまとめています。

インプラント治療が失敗するのはなぜか

インプラントの失敗例などを、テレビや雑誌などで目にしたことのある人も多いと思います。それゆえに、インプラント治療に踏み切れないという人もいるかもしれません。

では、インプラント治療の失敗とは、どのようなものがあり、何が原因で起こるのでしょうか。

痛みやしびれがある

ドリルで穴を開けたり、インプラントを埋入した際に、神経を損傷したり、圧迫したりして、痛みやしびれが出ることがあります。

血管や細胞学を正しく理解している歯科医師に手術をしてもらったり、インプラントを正しい位置に埋入するためのサージガイドなどを用いることで、こうしたリスクを避けることができるといわれています。

人工歯部分が取れる・割れる

インプラントを正しく埋入できたとしても、インプラントと人工歯をつなぐアバットメントが緩んでしまって、人工歯が取れてしまったり、正しく調整されていないことで、人工歯が割れてしまったりする場合があるようです。

天然の歯には、緩衝材の役割をもつ歯根膜がありますが、インプラントにはそれがないので、噛み合わせのわずかなずれが、アバットメントの緩みや人工歯の破損につながることが多いといわれています。
手術を行った医師の技術的な問題もありますが、人工歯の材質そのものに問題があるケースもあります。

インプラントと骨が定着しない

インプラントは、自身の骨としっかり接着すれば、天然歯と同じように、快適な口腔環境を得ることができます。しかし、インプラントが正しい位置に埋め込まれていなかったり、骨に穴を開けるときに周りにやけどをさせてしまったり、骨が薄かったり、骨密度が低いなどの理由によって、インプラントと骨が定着しないことがあります。

インプラントがぐらつく

インプラントを埋入したものの、そのインプラントがぐらつくような場合には、感染症にかかっている可能性があります。インプラントは天然歯に比べて、感染に弱いのが欠点です。

手術の過程で感染が起こったり、治療後のケアを怠ったりして、インプラント周囲炎を発症してしまうと、炎症や骨吸収が起こって、インプラントがぐらつくことがあります。

こうしたインプラント治療の失敗を避けるためには

  • 技術の高い歯科医師を選ぶ
  • 正しい位置にインプラントを挿入できる装置などを使用している歯科クリニックを選ぶ
  • 清潔な環境で手術を行っている歯科クリニックを選ぶ

ということが重要です。

東京駅周辺のインプラントクリニックを調べてみると…

インプラントといっても、治療法や費用はクリニックごとに異なります。人生において何度も経験するものではないため、心豊かに治療を受けたいものですよね。このサイトでは「専門性の高さ」(※)と「痛みの少ない治療を行っている」クリニックを2院ピックアップして紹介しています。両クリニックとも、各公式サイトではインプラントについて詳しい説明がありますのでぜひご一読を。

(※)インプラントの専門性を証明する資格は、ひとつの基準として記載しています。歯科医やクリニックの優劣を示すものではありません。

東京日本橋デンタルクリニック

専門性☺
ICOI指導医
痛みへの配慮☺
切らないインプラント
フラップレス手術

東京日本橋
デンタル
クリニック
公式サイト

丸の内デンタルオフィス

専門性☺
DGZI指導医
痛みへの配慮☺
静脈内鎮静法による
インプラント手術

丸の内
デンタル
オフィス
公式サイト