東京駅周辺でインプラント 専門性があり痛みが少ないクリニックまとめ » 【PR】切らないインプラント治療を行っている東京日本橋デンタルクリニック

【PR】切らないインプラント治療を行っている東京日本橋デンタルクリニック

切らない=痛みが少ない。東京日本橋デンタルクリニックのインプラントとは

東京日本橋デンタルクリニックのインプラントを説明する前に、まずは一般的に切開をするインプラントについて説明します。
これまでのインプラントは歯ぐきを切開して歯肉を剥がし、骨が完全に見える状態になってからドリルで骨を削り、そこに人口歯の土台となるインプラント体(歯根部)を埋め込みます。埋め込んだのちにまた歯肉をかぶせ、塞いでから縫合します。物理的に切開するため、治療期間も長く、縫合も必要となり、痛みも伴うと考えられる治療と言われてきました。

一方、東京日本橋デンタルクリニックで採用している「フラップレス」というインプラント治療は、歯ぐきを切開せずに、歯ぐきの上からインプラント体を埋め込みます。CTで撮影を行ってから神経や血管を傷つけないように確認して埋め込みますが、正確にインプラント体を埋め込むためには、十分な知識や技術が必要となり、どんな歯科医師でも手軽にできる治療ではありません。日々進歩する医学の知識を習得した歯科医師のみが携われるといっても過言ではない、難しい治療のひとつと考えられています。

このクリニックの理事長である滝澤聡明医師は、ICOI(国際口腔インプラント学会)の指導医、認定医の資格を持つだけでなく、学会のジャパン役員理事を務めています。

また、フラップレス手術は多くの方に採用できる治療法のひとつではありますが、どんな方でも受けられる治療と言い切ることはできません。まずは患者の口の中の状態を的確に診察し、その患者一人ひとりに合う治療を提供することが大切です。

東京日本橋デンタルクリニックでは、切らないインプラント治療のフラップレス手術だけでなく、ガイデッドサージェリーインプラント、ドリルを使わない(骨拡大)インプラント、抜歯即時インプラントなど、さまざまなインプラント治療を行っている、インプラント専門歯科です。他院のインプラント治療のメンテナンスにも対応しているのでお気軽にご相談ください。

東京日本橋デンタルクリニックの
公式サイトで詳しく確認する