山本歯科

ここでは、都営新宿線小川町駅から徒歩3分の山本歯科についてご紹介しています。山本歯科は昭和45年開院の老舗クリニック。現院長で2代目になる地域信頼の歯科医院です。インプラントを検討中の方は、ぜひ参考にしてみてください。

歯科用CTなどの導入で精度を高めている山本歯科

クリニックの特徴

山本歯科キャプチャ引用元:山本歯科
公式サイト 引用元url:http://www.yamamoto8148.com/

歯や骨の状態を正確に把握する歯科用CTを導入

山本歯科では、少しでも治療リスクの低いインプラント治療を行うため、高額で知られる歯科用CTを導入しています。

歯科用CTとは、患者の歯やあごの骨、血管、神経などの状況を立体画像で把握するための装置。2次元画像であるレントゲンに比べて、より確実性の高い情報が得られるとされています。

必要に応じてコンピュータガイドシステムを活用

山本歯科では、インプラントを受ける患者に対し、必要に応じてコンピュータガイドシステムを活用しています。

コンピュータガイドシステムとは、患者それぞれの歯型に合ったマウスピース型の手術補助装置のこと。

手術を受ける予定の部分に装着することにより、より正確で、より侵襲の少ないインプラントを行うことが可能となります。

不要な部分まで切開することがないので、術後の痛みや腫れなども最小限に抑制。患者思いの治療を心掛ける、山本歯科ならではのシステムです。

すべての治療でマイクロスコープを使用

インプラントはもとより、虫歯や歯周病などのすべての治療においてマイクロコープを使用する点も、山本歯科の大きな特徴。

他の歯科クリニックにもマイクロスコープを使っているところはありますが、一般的には、手術などの精密な治療の際にのみ登場するツールです。山本歯科のように、「すべての」治療においてマイクロスコープを使用する歯科クリニックは、非常にレアだと考えて良いでしょう。

治療の精度の高さにこだわる、山本院長の真面目な性格が垣間見えます。

保険診療から自由診療まで幅広い治療に対応

山本歯科は、インプラントのほかにも、入れ歯やブリッジ、小児矯正、成人矯正、根幹治療、虫歯治療、歯周病治療、審美治療など、さまざまな診療に対応しているクリニック。

「歯のことならどんな悩みでも対応してもらえるドクター」として、地域では、かかりつけ歯科医のような存在だそうです。中には、先代院長の時代から100歳を超える現在まで通院している方もいるとのこと。

院内の雰囲気が明るいので恐怖心が和らぐ

初めて山本歯科を訪れた患者は、院内の明るい雰囲気に驚くそうです。院長先生はもとより、スタッフや患者たちから聞こえるたくさんの笑い声。

およそ歯科医院とは思えないような明るさが、山本歯科の大きな特徴の一つです。

患者に積極的に話しかけ、楽しみながら治療を行っている山本院長。治療を見学に来た若手歯科医からは、「歯科医師はこんなに話をしてもいいんですね!」と言われることもあるそうです。

東京駅の
インプラントができる
歯科2選

東京駅のインプラントができる歯科2選

山本歯科のスタッフ

院長:山本 雅通

親子2代に渡り、神田の地に密着して歯科医療を提供し続けている山本院長。患者さんやスタッフを家族のように大切に思い、アットホームな雰囲気の中で、患者さんと相談しながら一緒にゴールに向かって治療を実施します。

また山本院長は、自分の歯で食事をすることは健康の基本であり、お口の健康を守ることが究極のアンチエイジグだという考えを持っている方です。歯や口腔内の病気は食欲不振や糖尿病、心筋梗塞につながることがわかってきています。そんな病気を予防できるような、口内環境の改善と質の高い医療提供を目指しています。

資格

  • 公式サイトに記載なし

インプラント治療の種類

山本歯科ではより安全なインプラント治療を行うため、高度な歯科CT画像による3D解析と、コンピュータガイドシステムを用いた事前準備を行っています。

1回法

1回法とは、歯肉を切開する外科手術を一度だけ行う治療法です。2回法より治療期間が短縮できるうえ、患者さんの身体的負担が少ないのがメリット。1回法を行うには、事前の精密検査で顎の骨の状態をしっかり把握する必要があります。

インプラントを埋める部位の歯肉を切開して、骨をドリリングしてインプラントを埋入します。そしてアバットメント(人工歯のための土台)をインプラントに連結したら外科的施術は終了です。

インプラントが顎の骨にしっかり結合するのを待ってから、人工歯をインプラントに被せます。インプラントと骨と結合するまでの期間は、個人差がありますが、下顎が2~3カ月、上顎は5~6カ月ほど必要です。

2回法

一次手術では、歯肉を切開してインプラントを埋め込みます。

その後骨が結合するまで回復期間を設けて、二次手術で再度歯肉を切開し、インプラント頭部にアバットメントを結合させます。さらに切開部分の治癒期間を数週間設け、人工歯を被せて終了です。

手術が終了しても、インプラントは定期的な検診やメンテナンスが必要になります。検診やメンテナンスを行うことで、より長期間インプラントを使用することが可能になるのです。

CT画像とコンピュータガイドシステムについて

山本歯科では、より精密なCT画像を撮影するために、提携大学病院の放射線科に委託しています。その画像をコンピュータガイドシステムでデジカル化して、1人ひとり異なる口内状況をさまざまな角度からチェックします。

CT画像では、顎骨の形状や血管・神経の走行状況、骨密度などの分析が事前にわかります。さらにドクターが必要だと判断した場合は、画像から模型を作ることも。こういった精密な準備をすることで、精度の高いインプラント埋入ポジションや角度などのシミュレーションが可能になります。少しでも不安があれば、調整や最適なポジションへの変更ができるのです。

インプラント治療の料金

  • 公式HPに記載なし

山本歯科のクリニックデータ

クリニック名 山本歯科
診療時間 9:30~19:00
※土曜:特別診療日
休診日 日曜、祝日
所在地 千代田区神田多町2-3 不動商事ビル5F
電話 03-3252-0624
アクセス 都営新宿線小川町駅から徒歩3分

東京駅周辺のインプラントクリニックを調べてみると…

インプラントといっても、治療法や費用はクリニックごとに異なります。人生において何度も経験するものではないため、心豊かに治療を受けたいものですよね。このサイトでは「専門性の高さ」(※)と「痛みの少ない治療を行っている」クリニックを2院ピックアップして紹介しています。両クリニックとも、各公式サイトではインプラントについて詳しい説明がありますのでぜひご一読を。

(※)インプラントの専門性を証明する資格は、ひとつの基準として記載しています。歯科医やクリニックの優劣を示すものではありません。

東京日本橋デンタルクリニック

専門性☺
ICOI指導医
痛みへの配慮☺
切らないインプラント
フラップレス手術

東京日本橋
デンタル
クリニック
公式サイト

丸の内デンタルオフィス

専門性☺
DGZI指導医
痛みへの配慮☺
静脈内鎮静法による
インプラント手術

丸の内
デンタル
オフィス
公式サイト