東京・丸の内デンタルオフィス

東京・丸の内デンタルオフィスの特徴やインプラント治療についてまとめています。

経験と実績が豊富な東京・丸の内デンタルオフィス

クリニックの特徴

丸の内デンタルオフィス 引用元:東京・丸の内デンタルオフィス公式サイト
引用元url:http://dentalimplant.jpn.com/

経験豊富で難しいケースにも対応

東京・丸の内デンタルオフィスは、1997年の開院以来、20年以上、歯科インプラント治療を行っているインプラント専門の歯科医院。経験と実績が豊富で、骨が不足しているケースややわらかい骨のケース、審美的要求の高いケースなど、他院では難しいインプラント治療にも対応してくれます。

インプラント手術サポートスタッフは、国家資格を有する歯科衛生士で、少なくとも10年以上のキャリアを持っています

インプラント治療については、国際口腔インプラント学会所属の院長が、じっくりと時間をかけて、わかりやすい言葉で、丁寧に説明をしてくれます。

腫れや痛みに対する「静脈内鎮静法」を取り入れている

東京・丸の内デンタルオフィスでは、除菌水を使用してクリーニングを行ったり、手術中に除菌水を使うことで、術後の腫れが軽減されると考えています。

痛みや治療の恐怖を軽減するために、静脈内鎮静法にも対応しています。

インプラント治療では3倍拡大のルーペを使用

インプラント治療において、東京・丸の内デンタルオフィスでは、マイクロスコープや8倍拡大のルーペを使用していません。インプラント手術では軸方向の正確さが求められるのに対し、強拡大では軸方向がつかめないからというのがその理由です。

焦点距離が遠く、軸方向を乱さないという点から、インプラント手術ではあえて焦点距離の遠いタイプの3倍拡大のルーペを使用しています。

東京駅の
インプラントができる
歯科2選

東京駅のインプラントができる歯科2選

東京・丸の内デンタルオフィスのスタッフ紹介

院長 伊藤 寛

東京・丸の内デンタルオフィスの伊藤 寛院長は、最新の歯科医療を提供することで、患者さんが身体的・精神的に健康なライフスタイルが送れるようにと考えているドクターです。

活性化HCLO機能水による除菌法の導入や、歯科用マイクロスコープの導入、さらに歯科矯正・インプラント治療・審美歯科・歯周病・睡眠時無呼吸という科目をそろえ、総合的な口腔内ケアを行います。

交通費や時間を費やして足を運んでくれる患者さんが、笑顔で帰宅できるような治療とサービス空間の提供を目指しています。

資格

  • 国際口腔インプラント学会指導医
  • 日本口腔インプラント学会会員
  • 日本歯科審美学会会員

インプラント治療の種類

東京・の内デンタルオフィスでは、国際口腔インプラント学会の指導医の資格を持つ伊藤院長だけがインプラント手術を担当しています。

術前はCTを使った画像診断、骨の柔らかさや骨幅、粘膜の厚み、血液検査から治癒力の予測などを実施。その結果から、ストローマン、ノーベルバイオケア、アストラテック、プラトンという4つのインプラント体から患者さんに最適のメーカーを選んで手術にあたります。

他にも下記のようなジルコニアインプラントという選択肢や、骨造成施術も行っています。

ジルコニアインプラントという選択

従来のインプラント本体の材質は、チタン製のものがほとんどです。東京・丸の内デンタルオフィスでは、そこにジルコニアインプラントという選択肢を1つ追加しました。金属ではなく、より生体との親和性の高い素材です。

ジルコニアインプラントは、国内の承認はまだ下りていないため、世界シェアNo.1のストローマン社のものをスイス本社から直接取り寄せています。親和性が高いので人体に優しいだけでなく、審美性も兼ね備えているのが魅力です。

また、チタンの金属は粘膜を通すと少し暗く見えてしまいますが、ジルコニアは歯に近い白色なので、よりナチュラルな色に見えます。

ジルコニアインプラントはこういったメリットがある一方で、歴史が浅いために、スタンダードなサイズしかない、アバットメント(土台)と一体化しているものしかない、直接取り寄せのため価格が高い、というデメリットもあるのです。

ソケットリフト

上顎の臼歯部の上には、上顎洞という空洞があります。その部分にインプラント埋める際、骨が薄すぎる方には人工骨を追加する施術が必要です。そのテクニックをソケットリフトと言います。

丸の内デンタルクリニックでは、インプラントを入れる直径以下の小さな穴にして人工骨を入れ、その後のインプラント埋入手術がスムーズになるような方法を取っています。

サイナスリフト

サイナスリフトもソケットリフトと同様に、上顎部の骨が薄い際に行う施術です。

上顎洞までの歯槽骨の高さが3ミリ以下の場合や、多数のインプラントを埋入したいときに実施します。ソケットリフト以上に患者さんへの侵襲が大きく、腫れが続くなど負担がかかってしまうデメリットがあるので、よく相談して決めましょう。

インプラント治療の料金

  • インプラント埋入手術(フィクスチャー代含む) 250,000円
  • 2次オペ(必要な場合のみ実施) 50,000円
  • 上部構造(アバットメント+MBタイプ) 150,000円
  • 自家歯牙移植(自分の歯の移植手術) 100,000円
  • GBR手術(骨造成手術) 50,000円
  • ソケットリフト手術(上顎洞の粘膜を押し上げる手術) 無料
  • サイナスリフト(骨造成手術) 200,000円
  • 人工骨使用費用 50,000円
  • 静脈内鎮静法(麻酔科医による全身麻酔) 100,000円
  • 術前CT撮影(提携医院八重洲クリニックにて撮影) 30,000円
  • 血液検査(提携医院八重洲クリニックにて撮影) 7,000円

東京・丸の内デンタルオフィスの設備

診療台

丸の内デンタルオフィス_診療台 引用元:東京・丸の内デンタルオフィス 公式サイト
引用元url:http://www.marunouchi-dental.com/clinic/concept/

完全個室の診療台になっているため、患者さんは周囲の目を気にすることなく治療を受けられます。病院特有の閉鎖的な感じはなく、大きな窓から明るい日差しが入り込む開放的な空間です。ゆったりとした診療台から見える外の眺めも癒されます。インプラント手術の際にはクリニックを貸し切り状態にして、外部からの院内感染予防を徹底しています。

カウンセリングルーム

丸の内デンタルオフィス_カウンセリングルーム 引用元:東京・丸の内デンタルオフィス 公式サイト
引用元url:http://www.marunouchi-dental.com/clinic/concept/

歯の悩みは非常にデリケートなため、専用のカウンセリングルームで悩みや不安をヒアリングする体制を整えています。カウンセリングルームは完全個室でプライベートな空間です。治療方針の説明はできるだけ専門用語を使わずに、イラストや動画などを用いて患者さんが理解しやすいよう工夫を凝らしています。

待合室

丸の内デンタルオフィス_待合室 引用元:東京・丸の内デンタルオフィス 公式サイト
引用元url:http://www.marunouchi-dental.com/clinic/concept/

白と茶色を基調とした重厚感のある待合室。豪華なシャンデリアが設置されたホテルのラウンジのような洗練された空間です。患者さんがリラックスして過ごせるよう、座り心地のいい1人がけの椅子や雑誌が用意されています。

東京・丸の内デンタルオフィスのクリニックデータ

クリニック名 東京・丸の内デンタルオフィス
診療時間 10:00~19:00
休診日 土曜、日曜、祝日
所在地 東京都千代田区丸の内1-8-1 丸の内トラストタワー2階
電話 03-5220-5501
アクセス JR「東京駅」八重洲北口徒歩3分、日本橋口徒歩1分

東京駅周辺のインプラントクリニックを調べてみると…

インプラントといっても、治療法や費用はクリニックごとに異なります。人生において何度も経験するものではないため、心豊かに治療を受けたいものですよね。このサイトでは「専門性の高さ」(※)と「痛みの少ない治療を行っている」クリニックを2院ピックアップして紹介しています。両クリニックとも、各公式サイトではインプラントについて詳しい説明がありますのでぜひご一読を。

(※)インプラントの専門性を証明する資格は、ひとつの基準として記載しています。歯科医やクリニックの優劣を示すものではありません。

東京日本橋デンタルクリニック

専門性☺
ICOI指導医
痛みへの配慮☺
切らないインプラント
フラップレス手術

東京日本橋
デンタル
クリニック
公式サイト

丸の内デンタルオフィス

専門性☺
DGZI指導医
痛みへの配慮☺
静脈内鎮静法による
インプラント手術

丸の内
デンタル
オフィス
公式サイト